米沢織|Yonezawa-ori

MENU
PAGE TOP

清野栄二

株式会社東匠猪俣

東匠猪俣さんのものづくりと歴史

当社は男物を中心に生産しています。
きもの地、羽織地、袴地、裏地と一部手織帯、広巾生地を使用した角袖コート、
インバネス、商品見本として野袴スタイル等々、男物に関連した全アイテムを展開しています。
将来的にはより多くのアイテムを広げ、商品提供だけでなく、
デザインも含めてさまざまな形でご提案して参りたいと考えています。

明治29年創業。米沢織の歴史と文化を経糸に、技術と熱意を緯糸に、
先染絹織物を中心に世界に通用する機屋を目指しています。
現在は呉服と服地の二部門を運営し、小巾から広巾、ダブル巾まで多種多様の織物を規格製造しています。
これから先も国内外に向けて、衣の伝統と未来を織物に変えて発信していきます。

画像

東匠猪俣さんの織り

弊社はドビー、ジャガードどちらも対応して織りますが、その中でも、経緯共に特駒糸使用し、無地調子でありながら柄も入っている「紋御召」や、夏の羽織として薄く、軽く、シャリ感が特徴の「涼遊」は特にご好評いただいております。

画像
スライド1
スライド2
スライド3

株式会社東匠猪俣

〒992-0023 山形県米沢市下花沢2丁目1-70
TEL 0238-22-8400